日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

明治の国会には藩の数ほどの通訳が当初いたそうです。律令制の昔から明治までの日本は連合国家みたいなもんだったんだなあ。

『海よりもまだ深く』と是枝監督と橋口亮輔監督作品

もう先週のことになるが、樹木希林さんの訃報を受けてすぐに、本作を見た。『万引き家族』は劇場で見る予定だったけど、時間が取れないでいるうちに上映期間が終わってしまっていたしね。


映画『海よりもまだ深く』予告編

 

見終わった感想は、是枝節全開だなあと。

単なるトラジコメディで終わっていないし、終わるわけもないよね。

(以下、ダイレクトではないですが、人によってはネタバレかもしれません)

続きを読む

240年目の古事記伝 第二十二回 雌雄はあまねく(神世七代論⑦意冨斗能地神・大斗乃弁神論)

 神世七代の後五代の各論の三回目です。神世七代については、神世七代を全体として捉え、その文脈の中に個々の神々を解釈しようという態度が取られますが、おおきく3つの対立する学説にわかれ、それぞれに一長一短有り、決定打がありません。そこで、本稿では、神世七代を考察する文脈を『古事記』冒頭部分からの文脈に拡大し、とらわれずにそれぞれの神々を見ていくことで、既存の学説を乗り越えようと試みます。

 

 今回は、⑤の意冨斗能地神(おほとのぢの神)と大斗乃弁神(おほとのべの神)です。

※以下は、稿者独自の解釈を含んでいます。鵜呑みにせず、批判的にお読みください。今回は、ほとんど独自解釈部分ですが、根拠を示し、一方的な独自解釈の主張はしておりませんので、安心してお読みいただけます。また、稿者の解釈を採用いただける場合は、その旨ご明示いただけると幸いです。

続きを読む

240年目の古事記伝 第二十一回 生産空間の誕生(神世七代論⑥角杙神・活杙神論)

 神世七代の組となっている後五代について、有力3学説はどれも一長一短があり決定打に欠けるため、あえてとらわれずに冒頭の文脈全体から考察していく各論の二回目です。

 前回は、神世七代としては③代目となる宇比地迩神(うひぢにの神)と須比智迩神(すひちにの神)について、二神の関係が共働神ともいえる関係にあることを書きました。

 今回は、神世七代の④代目の角杙神(つのぐひの神)と活杙神(いくぐひの神)についてです。

※本稿は、稿者独自の解釈を含んでいます。鵜呑みにせず、批判的にお読みください。今回は、ほとんど独自解釈部分ですが、根拠を示し、一方的な独自解釈の主張はしておりませんので、安心してお読みいただけます。また、稿者の解釈を採用いただける場合は、その旨ご明示いただけると幸いです。

続きを読む

240年目の古事記伝 第二十回 共働の神々(神世七代論⑤宇比地迩神・須比智迩神論)

 前回までの考察で、神世七代の神々の解釈は、神世七代全体の文脈から捉える見方が主流であること、有力な学説がおおまかに3つあり、そのそれぞれが他説への排他的な優位性を主張していることを見てきました。それぞれの主張には一長一短あり、優劣は決めがたいものとなっています。

 そこで、これらの神々を捉える視野を、神世七代から古事記冒頭部分全体に拡大して、とらわれない見方で『古事記』の文脈を踏まえながら読んでいくとどうなるかという試みをしていきます。

 まずは、③の宇比地迩神(うひぢにの神)と須比智迩神(すひちにの神)についてです。

※本稿は、稿者独自の解釈を含んでいます。鵜呑みにせず、批判的にお読みください。今回は、ほとんど独自解釈部分ですが、根拠を示し、一方的な独自解釈の主張はしておりませんので、安心してお読みいただけます。また、稿者の解釈を採用いただける場合は、その旨ご明示いただけると幸いです。

続きを読む

『カメラを止めるな!』は事前情報を極力排して観るべき

 春にシネマトゥデイの記事でを知り、上映を楽しみにしていたのに、ずるずると鑑賞のタイミングを逃してしまった『カメラを止めるな!』を観てきました。

www.cinematoday.jp

 

 その間、どんどん評判が高まっていたのは知っていたので、公開期間も延びるだろうとたかをくくっていたのがいけなかった。旬が突然終わってしまった。ご存じ『FLASH』報道である。

 

 あ、もし『FLASH』報道を知らなかったら、この先は読まないで映画館に行って欲しい。幸せな映画鑑賞ができます。『カメラを止めるな!』お一人様にもカップルにも夫婦にもオススメです。

 

以下、『FLASH』報道を知らない方はお避けください。また、ネタバレありです。

続きを読む

『ゴーストバスターズ(2016)』に見るリブートの呪い

1984年版オリジナルを女性メインにリメイクしたところ、予告編が公開されるや批難が殺到しYoutubeの悪評記録を更新、主演女優へのヘイトが相次ぐなど、本国アメリカでは炎上案件になってしまった本作、公開当時に見逃してしまっていて、今頃Netflixで鑑賞しました。


映画 『ゴーストバスターズ』予告1

続きを読む

240年目の古事記伝 第十九回 不十分な説明(神世七代論④)

 別天つ神(ことあまつかみ)の世界は、神とヒトが共に暮らす「国」の世界の雛形を高天原に自らの世界の鏡像として創造します。

 この神世七代の世界は、国之常立神(くにのとこたちの神)が開き、次に、万物を循環する水と雷のエネルギーを含み絶えず動き様々な様態を取りながら地表上を遍く広がる雲を象徴する豊雲野神(とよくものの神)が誕生します。

 そして、五代にわたって別天つ神(ことあまつかみ)が考える「国」のすがたの内実となる神々が誕生します。

続きを読む