日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

明治の国会には藩の数ほどの通訳が当初いたそうです。律令制の昔から明治までの日本は連合国家みたいなもんだったんだなあ。

『カメラを止めるな!』は事前情報を極力排して観るべき

 春にシネマトゥデイの記事でを知り、上映を楽しみにしていたのに、ずるずると鑑賞のタイミングを逃してしまった『カメラを止めるな!』を観てきました。

www.cinematoday.jp

 

 その間、どんどん評判が高まっていたのは知っていたので、公開期間も延びるだろうとたかをくくっていたのがいけなかった。旬が突然終わってしまった。ご存じ『FLASH』報道である。

 

 あ、もし『FLASH』報道を知らなかったら、この先は読まないで映画館に行って欲しい。幸せな映画鑑賞ができます。『カメラを止めるな!』お一人様にもカップルにも夫婦にもオススメです。

 

以下、『FLASH』報道を知らない方はお避けください。また、ネタバレありです。

続きを読む

『ゴーストバスターズ(2016)』に見るリブートの呪い

1984年版オリジナルを女性メインにリメイクしたところ、予告編が公開されるや批難が殺到しYoutubeの悪評記録を更新、主演女優へのヘイトが相次ぐなど、本国アメリカでは炎上案件になってしまった本作、公開当時に見逃してしまっていて、今頃Netflixで鑑賞しました。


映画 『ゴーストバスターズ』予告1

続きを読む

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はポップコーンムービーの良作

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は公開当時映画館で観たのですが、最近Amazonでも配信が始まったので今頃レビューです。ネタバレ厳禁も納得のオチがすべての作品でしたので、以下もネタバレなしの感想です。


「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」日本版予告編

続きを読む

『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』は、富野氏による神殺しか

 もう10年以上前にシネスケに書いた映画評に、ありがたいことに最近お気に入り投票*1が入りました。

 Amazonプライムユーザーなら映画版もTV版も無料で見られるみたいなので、新たに脚注を付けてお蔵出ししてみます。

 劇場公開前に予習としてファースト信者の家内とTV版を見直し(バカですみません)、TV版と映画とを見比べての映画評になってます。TV版のネタバレにはなってないので、これからTV版を見ようという方にも差し支えない内容かと思います(映画版のネタバレにはなってます)。


映画『機動戦士ZガンダムIII A New Translation 星の鼓動は愛』予告

 

*1:Facebookのいいねと同等の機能で、SNSにこの機能をつけたのはシネスケが世界初。シネスケは日本初のSNS

続きを読む

「英文解釈」を使わないでどんな英文でも読めてしまう裏技

 バス待ち時間にはてぶをつらつら眺めていると「英文解釈」云々なる記事が目に入った。そういえば、先日も高校生の息子が「英文解釈」がわかんないと言ってくるから、ならやんなきゃいいじゃんと返したら、「英文解釈」しないと英語が読めないというから、そりゃ「英文解釈」の呪いだよと返したんだっけ。

 この記事↓↓↓です。これの本歌取り、つまりもっと簡単な読み方を教えちゃいます。

kaekiatnoe.hatenablog.com

  上の記事↑↑↑では、お題が出ているので、そのお題にそって、英文解釈によらない英文読解方法をお蔵だしします。英文解釈に苦しむ受験生がその呪いから解放されますように。

続きを読む

知らないあいだにトップ映画ブロガー254位になっていた

拙Blogの映画評はあんまり読まれていないけど、AIには読まれていたようですね。;-)

こういう独創的な試みをする人は個人的に応援したい。

今のところシネスケの長文批評だけ持ってきてるんだけど、枯れ木も山の賑わい的応援として、折を見て寸評も持ってくるか。

tango-ruby.hatenablog.com

240年目の古事記伝だより 「シン・ゴジラ」と大国主命

 Amazonプライムで8/1から『シン・ゴジラ』のプライム会員無料配信が始まりました。『シン・ゴジラ』については、以前に感想を書いています。これを機会にこちらの拙稿も読んでいただけたら幸甚です。下の枠内の黒の太字の記事タイトルをクリックすると映画感想に飛びます。

ropebreak.hatenablog.com

 「240年目の古事記伝」の方は、いよいよ神世七代の解釈なんですが、今週末は仕事を持ち越してしまったので、来週以降になります。申し訳ありません。