日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

明治の国会には藩の数ほどの通訳が当初いたそうです。律令制の昔から明治までの日本は連合国家みたいなもんだったんだなあ。

240年目の古事記伝 第十六回 神々の世代重ね(神世七代論①)

  神世七代の神々が、どのような神々であるかについて、その解釈には定説がありません。しかしながら、どの説も、これら代々の神々を一つのまとまりとして、相互を文脈的に位置づけた解釈がなされています。したがって、説による解釈の差は、神世七代にどのような文脈を見ているかの差になっています。

 代表的な説は、3つあります。まずは、これらについて、その妥当性と問題点について見ていきたいと思います。以下、これらの説を便宜的に説A、説B、説Cと呼ぶこととします。

f:id:ropebreak:20180728110013p:plain

■(再掲)神世七代

 ■土地から婚姻へ

 説Aは、神世七代に、大地の形成から家に住まう男神女神の誕生へと至る歴史を見る解釈です。代表的なところでは、倉野憲司(校注)『古事記』(1963年、岩波文庫)や、中村啓信(訳注)『新版 古事記』(2009年、角川ソフィア文庫)などがこの説を取っています。

 中村氏の注釈をまとめると次のようになります。丸で囲んだ数字はN代であることを表します。

 

  ①[国之常立神(くにのとこたちの神)]

    国土の定立

  ②[豊雲野神(とよくものの神)]

    豊は美称。雲は虚空の象徴、野は台状の大地形成の象徴を神格化

  ③[宇比地迩神(うひぢにの神)、須比智迩神(すひちにの神)]

   「ひぢ」は土・泥の意で土地神

  ④[角杙神(つのぐひの神)、活杙神(いくぐひの神)]

   「くひ」は土地造成用の杭の神

  ⑤[意冨斗能地神(おほとのぢの神)、大斗乃弁神(おほとのべの神)]

   「と」は戸・門で家屋の象徴神。

  ⑥[淤母陀琉神(おもだるの神)、阿夜訶志古泥神(あやかしこねの神)]

   「おもだる」は男神が女神の容貌を賛美する語。「あやかしこ」は女神が「もったいないことを」と答える。

  ⑦[伊耶那岐神(いざなぎの神)、伊耶那美神(いざなみの神)]

    誘い合う意の男女

 

本稿では、①の国之常立神(くにのとこたちの神)は「国土」を象徴していることはありえず、②の豊雲野神(とよくものの神)については「野の神」ではないことは既に触れています。

このため、③〜⑦についての解釈の妥当性を検討することにします。

③土地→④宅地→⑤家屋→⑥出会い→⑦性交に至る男女の象徴、という流れです。

 

■防塞神から生産神へ

 説Bは、防塞神が生産神へと至る歴史を見る解釈です。防塞神とは、疫病や敵からの守り神のことで、道路結界の神として道祖神の性格も持ち合わせています。こちらの説は、井出至「『古事記』冒頭対偶神の性格」(『論集日本文学・日本語1上代』1978年、角川書店)に見られるほか、西宮一民氏などが支持しています。この説の西宮氏のまとめ*1は次のとおりです。

 

  ①[国之常立神(くにのとこたちの神)]

    国土の土台(床)の出現

  ②[豊雲野神(とよくものの神)]

    活力の象徴である雲気の湧き漂う生気にみちた始原の野

  ③[宇比地迩神(うひぢにの神)、須比智迩神(すひちにの神)]

    防塞神の依り代としての一対の盛り土(土地〔農地・宅地〕の占定)

  ④[角杙神(つのぐひの神)、活杙神(いくぐひの神)]

    防塞神の依り代としての一対の棒杭(居所〔聚楽・住居〕の占定)

  ⑤[意冨斗能地神(おほとのぢの神)、大斗乃弁神(おほとのべの神)]

    防塞神の依り代として門に立つ男女神像(同上また男性・女性の誕生)

  ⑥[淤母陀琉神(おもだるの神)、阿夜訶志古泥神(あやかしこねの神)]

    防塞神=生産神像としての男女像(「満足」の男神像、「畏怖の顔」の女神像)

  ⑦[伊耶那岐神(いざなぎの神)、伊耶那美神(いざなみの神)]

    生産神としての男女像(媾合生産への誘ひ)

 

この説も、①と②の解釈は説Aとほぼ同様ですから、本稿では棄却します。この説の特徴は、説Aが、③土地→④宅地→⑤家屋→⑥出会い→⑦性交に至る男女の象徴、とそれぞれの象徴の対象が変遷しているのに対し、説Bは、③一対の盛り土→④一対の杙→⑤陰部のある男女神像→⑥表情(「満足」「畏怖」)のある男女神像→⑦「誘う」男女神像と、対象の象徴そのものの変遷と捉えているところです。

 これについて西宮氏は、①②までが独神(ひとりがみ)であるのに対して、③〜⑦は「男女一対の並んでゐる神」であることをうまく説明できていると評しています。

 

■神の身体の形成過程

 3つめの説Cは、姿形の無かった神が、だんだんと身体を整えていく過程を見る解釈です。金井清一氏が主張している他、神野志隆光氏などが支持しています。説A、説Bと異なり、①②は神が生成する場の象徴として捉えています。以下は神野志氏の解説*2をもとにしたまとめです。

 

  ③[宇比地迩神(うひぢにの神)、須比智迩神(すひちにの神)]

   「ひぢ」は神の身体の原質

  ④[角杙神(つのぐひの神)、活杙神(いくぐひの神)]

   「くひ」はあらわれ出ようとする最初の形

  ⑤[意冨斗能地神(おほとのぢの神)、大斗乃弁神(おほとのべの神)]

   「と」は性的部位

  ⑥[淤母陀琉神(おもだるの神)、阿夜訶志古泥神(あやかしこねの神)]

   「おもだる」は身体の完備で、「あやかしこ」はそれに対する畏怖

  ⑦[伊耶那岐神(いざなぎの神)、伊耶那美神(いざなみの神)]

    誘い合う意の男女

 

 神野志氏は、この説を支持する理由として、①②までの「独神隠身」に対し、③〜⑦の対の神々は、性を有する身を顕現している神々であるはずだとしています。この点は、説Bを支持する西宮氏と一致していますが、神野志氏は、神世七代高天原の神々であるため、③を土砂の発生として見る見方は「誤っている」と説C以外を棄却しています。

 

神世七代のみかた

 このように3説が鼎立している現状で、神世七代の神々を捉えるために、それぞれの説を論理的に検証していきたいと思います。

f:id:ropebreak:20180818152846p:plain

■三説比較「神世七代

 まずは、それぞれの論の支持者が行っている他の説への反証についてみていきたいと思います。

(つづく)

 

古事記 (岩波文庫)

古事記 (岩波文庫)

 

  

古事記

古事記

 

 

 

 

*1:古事記の研究』(1999年、おうふう)に拠るが、地の文に表記揺れがあるため、より詳細な表記をいかして稿者がまとめを修正した

*2:古事記とはなにか 天皇の世界の物語 (講談社学術文庫)