日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

明治の国会には藩の数ほどの通訳が当初いたそうです。律令制の昔から明治までの日本は連合国家みたいなもんだったんだなあ。

240年目の古事記伝 第十一回 境界に立つ二神(常立神論①)

 宇摩志阿斯訶備比古遅神(うましあしかびひこじの神)に続いて、高天原に誕生するのは天之常立神(あめのとこたちの神)です。そしてその次に誕生するのが国之常立神(くにのとこたちの神)です。この二神は、ともに常立神(とこたちの神)ですが、独神(ひとりがみ)ですから、双子の神とか兄弟あるいは親子の神々であると考えることはできません*1

 しかも、この二柱の関係は、高御産巣日神(たかみむすひの神)と神産巣日神(かみむすひの神)の関係とも違っているのです。

※本稿は、稿者独自の解釈を含んでいます。鵜呑みにせず、批判的にお読みください。ただし、独自解釈部分にはその根拠を示し、定説もできる限りご紹介しています。一方的な独自解釈の主張はしておりませんので、安心してお読みいただけます。また、稿者の解釈を採用いただける場合は、その旨ご明示いただけると幸いです。

 

■二柱の常立神

 高天原には続々神々が誕生しますが、天之御中主神(あめのみなかぬしの神)から天之常立神(あめのとこたちの神)までは、別天つ神(ことあまつかみ)とされ、以降の高天原の神々とは明確な区別がなされています。

 二神の常立神(とこたちの神)のうち、天之常立神(あめのとこたちの神)のみがこの別天つ神(ことあまつかみ)であり、国之常立神(くにのとこたちの神)とは属性が異なっています。

 高御産巣日神(たかみむすひの神)と神産巣日神(かみむすひの神)の二柱の巣日神(むすひの神)はともに別天つ神(ことあまつかみ)ですから、二柱の常立神(とこたちの神)の別を巣日神(むすひの神)の別と同様に考えることはできません。

 

 天之常立神(あめのとこたちの神)は、国之常立神(くにのとこたちの神)よりも天之御中主神(あめのみなかぬしの神)に近く、国之常立神(くにのとこたちの神)は、天之常立神(あめのとこたちの神)よりもイザナギイザナミに近いのです。

f:id:ropebreak:20180406212726p:plain

■再掲表3.神々全体像

■二柱の境界

 巣日神(むすひの神)のバリエーションを、巣日神(むすひの神)のバリエーションと同様に扱えないということは、産巣日神(むすひの神)の「高御」と「神」のようには、常立神(とこたちの神)の「天」と「国」を解釈してはいけないということです。

高御産巣日神(たかみむすひの神)と神産巣日神(かみむすひの神)は、タイプの異なる産巣日神(むすひの神)で、それぞれのタイプの内容を「高御」と「神」が示していました。

天之常立神(あめのとこたちの神)と国之常立神(くにのとこたちの神)との関係は、巣日神(むすひの神)のバリエーションとは別の種類のバリエーションとなるような神名の解釈が必要です。

それは神名の非共通部分の機能が、常立神(とこたちの神)と巣日神(むすひの神)とでは異なることを意味します。

高御産巣日神(たかみむすひの神)とは、最高(高御)の産巣日神(むすひの神)であり、神産巣日神(かみむすひの神)とは、神ならではの力を持った産巣日神(むすひの神)でした。「高御/神」は、巣日神(むすひの神)の力のあり方を形容し、その違いがバリエーションとなっていました。

したがって、「天之/国之」は、常立神(とこたちの神)の力のありようを形容してはいないということになります。

だとすれば、天之常立神(あめのとこたちの神)と国之常立神(くにのとこたちの神)は全く同じ力のありようを持ち、「天之/国之」は単に所属の違いをあらわすに過ぎず、かつその違いこそが別天つ神(ことあまつかみ)とその他の天つ神とを別つほど本質的な違いであることになります。しかも、両者はともに高天原の神であって、「天」「国」とも位置する場所はともに等しいのです。

これまでの考察から、「国」は国土を意味せず、来たるべき神々の住まう場所をあらわす概念であることが明らかとなりました*2

天之常立神(あめのとこたちの神)は天を代表する常立神(とこたちの神)であり、国之常立神(くにのとこたちの神)は来たるべき神々の住まう場所を代表する常立神(とこたちの神)であり、その両者が、連続して高天原に誕生し、かつ両者の誕生の狭間には本質的な神々の属性を区分する境界が生じているのです。

 

■立ち並ぶ二巨神

日本語史学者の小松英雄は、『古事記』の神名の表記がそれに対応する『日本書紀』の神名表記と異なることの理由として、『古事記』の神名は可能な限り表語的(漢字が意味を表す)に意味の通るように漢字の音を当てて神名を表記しようとしたことを論証しています*3。そしてそのことによって、いわゆるダブルミーニングの表記が可能になっています。

常立神(とこたちの神)の「トコ」は、床(トコ=生成の場)に常(トコ=恒常的に)を懸けており、「タツ」は出現するの意であるというのは、山口佳紀と神野志隆光の解説するところですが*4、常立神(とこたちの神)は、宇摩志阿斯訶備比古遅神に続く神々であることを思えば、阿斯(アシ)の音は「足/脚」に通じ、「足/脚」の次に「立」とイメージの連鎖を考えることも不自然ではないように思われます。

また、タチ(立)には、和船の柱という意味もあるため、「常立(トコタチ)」には、揺れ動く基盤に不動の柱が立つイメージも含意されている可能性もあると筆者は見ています。常立神(とこたちの神)とは、世界原初の不安定な状況下において常なる生成の場が立ち現れることを象徴する神名と言えるのではないでしょうか。

大林太良は、国之常立神(くにのとこたちの神)を世界巨人である神(巨神)とみています*5。『古事記』を読んだ同時代の人々は、天之常立神(あめのとこたちの神)と国之常立神(くにのとこたちの神)に、仁王立ちする二柱の巨神を思い浮かべていたかもしれません。

 (つづく → 240年目の古事記伝 第十三回 神々のバリエーション(常立神論②) - 日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

 

国語史学基礎論 2006簡装版

国語史学基礎論 2006簡装版

 
日本神話の起源 (徳間文庫)

日本神話の起源 (徳間文庫)