日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

明治の国会には藩の数ほどの通訳が当初いたそうです。律令制の昔から明治までの日本は連合国家みたいなもんだったんだなあ。

240年目の古事記伝 第二回 ロジックで読む古事記(序論②)

古事記』の世界観は、僅か233文字の漢字で書き表されています。簡潔だからと言って俳句のように読み手のイマジネーションを喚起するような書き方がなされているわけではありません。簡潔を極めたその文体は、むしろ文学的な読解を受け付けません。

 明確に構造化されたその記述は、その構造を読むことでしか内容に迫ることができないように思います。

 

ほとんど解析されてこなかった『古事記』の冒頭233文字

 『古事記』に最初に登場する神である天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)からイザナギイザナミに至まで全部で十五もの神々が登場するのですが、それらはたった233文字で記述されています。この233文字のうち神々の名前は102文字ですから残りは131文字です。いかにコンパクトな記述かがわかります。

 これを文学を読むように読むのには無理があります。故に、この冒頭文の解析は、宣長古事記伝』以来あまり手がけられてきませんでした。ほとんどの解説が現代語訳を含めて原文の書き下し文に神名の註釈をつけた程度です*1

 神話の冒頭は世界観の提示です。『古事記』の最も重要と言って良い部分が、これまで十分に研究されてこなかったのです。

 その理由は「日本原神話」の仮定にあります。記紀を一つの日本原神話の異なるバージョンと仮定した虚構ゆえに、『古事記』の世界観は『日本書記』の世界観と同一とみられ、文学として読みやすい日本書紀の記述が、そのまま『古事記』の世界創生譚として採用されてきたのでした。

 

 古事記の冒頭の233文字について、神名を太字で表すと次のようになります。

天地初発之時於高天原成神名天之御中主神高御産巣日神神産巣日神 此三柱神者並独神成坐而隠身也次国稚如浮脂而久羅下那州多陀用弊流之時如葦牙因萌騰之物而成神名宇摩志阿斯可備比古遅神天之常立神此二柱神亦独神成坐而隠身也 

上件五柱神者別天神

次成神名国之常立神豊雲野神此二柱神亦独神成坐而隠身也次成神名宇比地邇神次妹須比智邇神角杙神次妹活杙神意富斗能地神次妹大斗乃辨神 次於母陀流神次妹阿夜訶志古泥神伊邪那岐神次妹伊邪那美神上件自国之常立神以下伊邪那美神以前并称神世七代

 改行箇所は、真福寺本『古事記』にあわせてあります。『古事記』は原本が見つかっていません。真福寺本は最古の写本で、宣長が『古事記伝』執筆の際に校合に利用したものでもあります。

f:id:ropebreak:20180215151228j:plain

図1.真福寺本『古事記』[画像:国立国会図書館デジタルコレクション 国宝真福寺本 上]

 この明晰さを簡素と捉え、俳句のように文学的に読もうとすれば、意味は曖昧なまま宙づりになりますし、プロットとして捉えてしまえば、読み手が装飾を施すことを許容してしまいます。

 『古事記』は長らく国文学の文脈上で研究されてきました。そのことは『古事記』の世界を身近にしてきましたが、一方で『日本書紀』との区別を曖昧にし、『古事記』独自の世界観の存在から人々の目を離させてしまいました。

 そうではなく、構造の簡潔さはそのままに、その構造が取られている意味と神名配置の理解の追求を中心に233文字の解析を進めていきたいと思っています。

 

国文学の文脈から離れて『古事記』を読む

 『古事記』は、日本最古の文学とも日本最古の歴史書とも言われます。日本の成り立ちを含む神々の奇想天外な活躍ぶりにはじまり、天皇家の歴史ダイジェストに至る全三巻の大著です。本居宣長はこのすべてに詳細な註釈を付け、それまで『日本書紀』の影に隠れて重要視されていなかった『古事記』にスポットライトを当てることに成功します。

 宣長は『古事記』の価値の発見者であり、中興の祖でありました。そして宣長が大成した学問(宣長は、契沖にはじまる国学の完成者とも言われています)は、戦後の国文学へと引き継がれていきます。それゆえ『古事記』は、これまでは主に国文学者によって研究されてきており、国文学を大きく外れる読み方はあまりなされてきていません。

 

受け入れて鑑賞する国文学

 国文学の読みは、詩歌の鑑賞に似て、おおらかなところがあります。書かれていることについてなぜそう書かれているのかということを徹底して突き詰めるよりは、書かれていることをそのままに受け入れてしまう態度がままとられます。

 古事記を国文学として読むとどうなるでしょう。例えば、天之常立神(あめのとこたちのかみ)の次に国之常立神(くにのとこたちのかみ)が登場しますが、なぜそうなのかを問うことがなされなくなってしまいます。これは神々を文学の登場人物と同じように読んでいるからです。シャーロックホームズの相方がなぜワトソンなのかは、一般には問われませんね。作者のコナン・ドイルがそう設定したからです。小説の場合は、それで何の疑問もありません。

 

ロジックを可能な限り突き詰めて読む

 しかし「古事記」は我々が普段接しているような文学ではありません。この私家版古事記伝では、現代の国文学の古事記研究の成果を参考にしながらも、聖典として古事記を読むことに徹していきます。上の例では、天之常立神の次に国之常立神があらわれる納得できるロジックを探求します。それは、唯一の正しい読み方を探っていくことではありません。読み方に正しい正しくないを持ち込めば、書物は我々の手から権威の手に渡ってしまいます。西欧中世の公会議を現代の日本に甦らせるのはナンセンスです。

 ただし、どのような読み方をも許されるというのも、私家版古事記伝の志向とは異なります。これまでの学問的な積み重ねを無視して手前勝手な読みを主張したのでは、古事記の二次創作を行うことと変わりなくなってしまうからです。

 学問としての古事記読解の蓄積を踏まえた上で、その先をロジックで突き詰めるだけ突き詰めて解釈してみるというのが、この私家版古事記伝の方法論です。ロジックというのは納得のための道具ですから、たくさんのロジックの存在を否定しません。私が腑に落ちる古事記伝の他にも、別の私家版古事記伝が併存してもかまわないと思っています。

 

国文学的読みが内包する弱点

 さて、聖典としての読み方で古事記を読んでいくことは、国文学的読みが内包する弱点を補うことにもつながります。

 

 先ほど、シャーロックホームズの相方がなぜワトソンなのかについて、作者のコナン・ドイルがそう設定したからという理由で何の疑問もないと書きました。これを神話にあてはめてしまうことが、国文学的読みの弱点につながります。

 神々が活躍する神話の世界は、まるでSF小説のようではありますが、神話を小説のように読んでしまうことは、神話の創造者としての絶対化された作者を想定してしまうことになってしまいます。

 これは、神々を作者のもとに相対化し、神々を神格化された位置から降ろす脱魔術的な効果を持つ一方、神々の背後に神話の書き手という唯一絶対の存在を新たに創造してしまうことを避けることができません。

 神話は書き手が個人に寄らない伝承であり、多くの場合様々な異伝を持ちます。そのような存在である神話を小説のように読む態度は、神話の後方にありもしない唯一絶対の存在を仮定してしまうことと変わりません。

 古事記の場合、それは明治維新以来くすぶり続け、大戦前後に大きな禍根を残した唯一絶対の原日本神話というかたちをとってきました。

 

絶対者としての書き手を想定してしまう

 神野志隆光氏などの研究から、『古事記』と『日本書紀』とは、全く異なる世界創造神話体系を持っていることが明らかになっています。『日本書紀』の世界創造譚は、「天地開闢(てんちかいびゃく)」と言って、世界は最初カオスな状態からやがて天地が分離し神々が誕生したというものですが、『古事記』では天地は開闢しません。

 ところが、『古事記』と『日本書紀』とは長らく「記紀神話」として、ひとつの物語の別の記述として読まれてきました。『古事記』に書かれていないことは『日本書紀』に書かれているとして、古事記の神話に、全く異なる日本書紀の神話体系が浸透するがままにされてきていたのです。

 古事記の背後に「原日本神話」なるありもしない唯一絶対神話が想定されたがゆえに、『古事記』と『日本書紀』とは「記紀神話」としてひとつに読まれてきたのですが、その誤謬の起点は、文学として『古事記』を読むという読解の手法そのものにあったのだと思います。

 

日本書紀』の世界観を排し『古事記』を読む

 「からごころを排す」*2をテーマにしてきた宣長にとって、『日本書紀』の世界観が『古事記』を浸食してしまうことは、不本意なことと思います。しかしながら、当の宣長自身が『古事記伝』で『古事記』の解釈に『日本書紀』を参考にしてきた不徹底さがその芽を生んでしまったことも否めません*3

 

 240年目の古事記伝は、『古事記』を単一の神話として、どこまでもロジカルに読んでいくことによって、『古事記』が内包してきた世界の可能性を現代に展開していくことを狙います。

 

古事記と日本書紀 (講談社現代新書)

古事記と日本書紀 (講談社現代新書)

 
玉勝間〈上〉 (岩波文庫)

玉勝間〈上〉 (岩波文庫)

 
玉勝間〈下〉 (岩波文庫)

玉勝間〈下〉 (岩波文庫)

 

 

*1:一般向けの著名な文学者による比較的詳しい解説は、西郷信綱氏の『古事記注釈』(ちくま学芸文庫)と神野志隆光氏の『古事記とはなにか』(講談社学術文庫)くらいです

*2:本居宣長『玉勝間』1812年)より

*3:本稿では詳しく触れませんが、本居宣長『古事記伝』を読む 1 (講談社選書メチエ)などを読めば明確です