読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『風邪の効用』野口晴哉


風邪を引いてしまったようだ。風邪といえば『風邪の効用』である。野口晴哉氏は最近はあまり話題に上ることのなくなった身体技法の達人の一人である。この本で野口晴哉氏は、風邪を身体の偏りを正す整体のようなもの、として積極的に評価している。万病のもとなどと風邪を敵視して、自然の整体の機会を無視して無理矢理治してしまえば、身体の偏りは治される機会を逃してしまうのだという。


野口氏の説が、本当かどうかは私にはわからない。おそらく明日には私はこの風邪を押さえ込んでしまうだろう。自然の整体の機会に身を任せ、身体の偏りを治す、恐らく現代人にとってそれは最高の贅沢の一つと言っていいのかもしれない。貧乏人には贅沢はできない。本を読んで仮想体験するだけである。


風邪の効用 (ちくま文庫)

風邪の効用 (ちくま文庫)