日本は成功しすぎたEUである(映画と思想のつれづれ)

明治の国会には藩の数ほどの通訳が当初いたそうです。律令制の昔から明治までの日本は連合国家みたいなもんだったんだなあ。

『人生スイッチ』は良質なプロレス興行のような傑作オムニバス

まったく期待していないで見た映画が、ことのほか良作だったときには、とても得した気分になるものである。この映画も、そんな素敵な出会いをした映画のひとつ。出会いの場は、amazonプライム。これは掘り出し物でした。 唯一欠点があるとしたら、邦題。「人…

「英文解釈」を使わないでどんな英文でも読めてしまう裏技の記事を更新しました

以前に、「英文解釈」を使わないで英文を読む方法を開陳したんだけど、なぜか元記事へのリンクが切れていたのでリンクを張り直しました。ついでに「コツ」を加え、字の装飾して読みやすくしましたので回りに英文を読む必要はあるけれど英文解釈なんて今さら…

アナ雪が見たトランプのアメリカ

米国の中間選挙が終わって、事前に伝えられていた多くの予測どおりほぼトランプ大統領が信任された結果となったわけですが、そもそもトランプ氏が大統領選に立候補した2016年に先立つこと2年前に公開された『アナ雪』で、これからアメリカは自国しか考えな…

『海よりもまだ深く』と是枝監督と橋口亮輔監督作品

もう先週のことになるが、樹木希林さんの訃報を受けてすぐに、本作を見た。『万引き家族』は劇場で見る予定だったけど、時間が取れないでいるうちに上映期間が終わってしまっていたしね。 映画『海よりもまだ深く』予告編 見終わった感想は、是枝節全開だな…

『カメラを止めるな!』は事前情報を極力排して観るべき

春にシネマトゥデイの記事でを知り、上映を楽しみにしていたのに、ずるずると鑑賞のタイミングを逃してしまった『カメラを止めるな!』を観てきました。 www.cinematoday.jp その間、どんどん評判が高まっていたのは知っていたので、公開期間も延びるだろう…

『ゴーストバスターズ(2016)』に見るリブートの呪い

1984年版オリジナルを女性メインにリメイクしたところ、予告編が公開されるや批難が殺到しYoutubeの悪評記録を更新、主演女優へのヘイトが相次ぐなど、本国アメリカでは炎上案件になってしまった本作、公開当時に見逃してしまっていて、今頃Netflixで鑑賞し…

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』はポップコーンムービーの良作

『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』は公開当時映画館で観たのですが、最近Amazonでも配信が始まったので今頃レビューです。ネタバレ厳禁も納得のオチがすべての作品でしたので、以下もネタバレなしの感想です。 「アベンジャーズ/インフィニティ・…

『機動戦士ΖガンダムIII 星の鼓動は愛』は、富野氏による神殺しか

もう10年以上前にシネスケに書いた映画評に、ありがたいことに最近お気に入り投票*1が入りました。 Amazonプライムユーザーなら映画版もTV版も無料で見られるみたいなので、新たに脚注を付けてお蔵出ししてみます。 劇場公開前に予習としてファースト信者の…

「英文解釈」を使わないでどんな英文でも読めてしまう裏技

バス待ち時間にはてぶをつらつら眺めていると「英文解釈」云々なる記事が目に入った。そういえば、先日も高校生の息子が「英文解釈」がわかんないと言ってくるから、ならやんなきゃいいじゃんと返したら、「英文解釈」しないと英語が読めないというから、そ…

知らないあいだにトップ映画ブロガー254位になっていた

拙Blogの映画評はあんまり読まれていないけど、AIには読まれていたようですね。;-) こういう独創的な試みをする人は個人的に応援したい。 今のところシネスケの長文批評だけ持ってきてるんだけど、枯れ木も山の賑わい的応援として、折を見て寸評も持ってくる…

240年目の古事記伝だより 「シン・ゴジラ」と大国主命

Amazonプライムで8/1から『シン・ゴジラ』のプライム会員無料配信が始まりました。『シン・ゴジラ』については、以前に感想を書いています。これを機会にこちらの拙稿も読んでいただけたら幸甚です。下の枠内の黒の太字の記事タイトルをクリックすると映画感…

ハルカトミユキを聴いた日

なんか邦楽で新しい音楽聴きたいなーと思ってapple musicを漁っていたら、超文化系なタイトル付けてる女性2人組を見つけた。 これとか。短歌になってる。マジか。 虚言者が夜明けを告げる。僕達が、いつまでも黙っていると思うな。 アーティスト: ハルカト…

240年目の古事記伝 第五回 高天原という思想(「天之御中主神」論②)

「天地はじめてあらはしし時、高天原に成れる神の名は天之御中主神」(天と地だけが始動し、それ以外の世界の構成要素はその存在を明らかにしていない、そんな時に高天原に最初の神があらわれました)という文章から『古事記』は始まります。 天之御中主神(…

240年目の古事記伝 第四回 『古事記』と『聖書』のコスモロジー(「天之御中主神」論①)

『古事記』に最初に登場する神は天之御中主神(あめのみなかぬしの神)ですが、これまでの『古事記』研究では、この神にあまり注意が払われてきませんでした。 『古事記』本文中に最初の1回しか登場してこないので、さして重要な神ではないだろうと思われて…

『ゴースト・イン・ザ・シェル』に見るアイデンティティクライシスの日米差

★★★ 士郎正宗の原作漫画『攻殻機動隊』(以下、士郎攻殻と略す)ではなく、押井守監督の映画『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』(以下、押井攻殻と略す)の実写化である本作品は、主人公たる少佐の苦悩を押井攻殻とは別のものに変えてきた。その苦悩は、同時…

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』はザッカーバーグの秘密でもある

★★★★ 52歳から世界企業を起業した男(=マクドナルド創業者)の物語を知りたいなと思っていたところにAmazonプライムで本作を見つけました。見る前には予想だにしなかったとても面白いことに気づいてしまったので、ちょっと書いておこうと思います。それはマ…

240年目の古事記伝 第二回『古事記』の天地は開闢(かいびゃく)しない(「天地初発」論①)

イザナミ・イザナギの国生みは『古事記』の日本創生譚として知られていますが、日本の誕生の前提となる、世界の始まりはどう書かれているのでしょうか。 有名な「天地開闢(かいびゃく)」は『日本書紀』の世界始まりの描写で、『古事記』本文には「天地開闢…

240年目の古事記伝 第一回 ロジックで読む古事記(序論)

『古事記』の世界観は冒頭部分に示され、それは僅か233文字*1の漢字で書き表されています。簡潔だからと言って俳句のように読み手のイマジネーションを喚起するような書き方がなされているわけではありません。簡潔を極めたその文体は、むしろ文学的な読解を…

アンチ・ディズニーランド派は『エスケイプ・フロム・トゥモロー』で溜飲を下げるか

ディズニーが自前の配信サービスをはじめるために、netflixからディズニー作品を引き上げるのだという(ディズニーは「自分のNetflix」をつくる。ほかのスタジオもそれに続くかもしれない|WIRED.jp)。 ということで、netflixからディズニー作品がどんどん…

『ブレードランナー2049』の限界と矛盾

★★★ 『ブレードランナー2049』は『ブレードランナー』の続編として完璧だった。ストーリー以外は。(以下ネタバレあり) 映画『ブレードランナー2049』日本版予告編

『ワンダーウーマン』に国際プロレス軍団の哀しみを見た

非常に前評判の高かったワンダーウーマンを見に行きました。ワンダーウーマンは、スーパーマンやバットマンと同じDCコミックスのヒロインです。 映画『ワンダーウーマン』本予告【HD】2017年8月25日(金)公開

テイストがアメリカン・ニューシネマだった『LOGAN ローガン』

★★★ テイストがアメリカン・ニューシネマな感じで驚いた。今のアメリカはベトナム戦争敗北時と似た精神状況に置かれているのだろうか。 映画「LOGAN/ローガン」インターナショナル版予告(字幕版)

存在していた未来のような

news.mynavi.jp

『君の名は。』は思想したか

★★ ボーイ・ミーツ・ガールものとしては楽しい。だが、エヴァやマトリックスがキリスト教をギミックとして使いこなしたように神社の設定を活かせていたら、もっと傑作になったのにとの思いも残る。(以下ネタバレあり) 「君の名は。」予告

『シン・ゴジラ』と石原さとみの英語のリアルと大国主(オオクニヌシ)と

★★★★ 偶然にも『シン・ゴジラ』公開前の過日、とある歴史ある神社の巫女さんと会話する機会があり、あの偉大なるゴジラのテーマの作曲者である伊福部昭氏は、代々神主の家系であり、先祖をたどると大己貴命(オオナムチノミコト)に行きあたることを知りまし…

『デッドプール』は、意外やウディアレンのテイスト!?

デッドプールを見に行った。 近年のアメコミ映画の中では世界観がこじんまりしていて大言壮語な感じが無く、コメディタッチでラブロマンスな作風は、バイオレンスとアクションを大盛りにトッピングしたウディアレン作品のよう。大人のための童話として成功し…

『エクス・マキナ』と日の丸

★★ 2014年の冬にオンラインマガジンのwiredの記事(『Ex Machina』:美しく強力なアンドロイドとの三角関係を描く映画(予告動画あり)|WIRED.jp)でこの映画を知って、以来日本での公開を待ちわびて、ようやく先日劇場鑑賞してきました。 その間、欧米での…

『キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー』は、ジェイソンボーンになった

キャプテンアメリカの第二作を見た。 一作目のコンバット調から舞台を現代に移してまさかのスパイアクション調。この転調は見事だ。 映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』予告編

『キャプテン・アメリカ ザ・ファースト・アベンジャー』で矢作俊彦氏が見過ごしたこと

キャプテンアメリカの第1作を見直した。 映画『キャプテン・アメリカ:ザ・ファースト・アベンジャー』予告編

『シビル・ウォー キャプテン・アメリカ』は、理想の「少年ジャンプ活劇」だった

トランプだヒラリーだサンダースだと米大統領予備選に盛り上がる2016年の今のタイミングにシビルウォー。これは見なくっちゃと映画館に足を運びました。 だがしかしBUT、過度に時代性を期待すると肩すかし。同時期の『バットマンvsスーパーマン』とも似て非…